「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
シルバークイーンの話
当店では今年初顔のストーブです。おそらく最初で最後だと・・・。

DSC03983.jpg
かなりインパクトのあるアラジン社のシルバークイーン

アラジンはおなじみの対流型のブルーフレームだけではなく、こんな反射型のものもあるんですね。一部のストーブ好きの男性にはとても人気のあるものですが、女子にはわかりづらい魅力です。

DSC03997.jpg
反射型の名の通り、後ろの反射板で反射された熱が前面にブワーっと放出されるわけです。対流型のブルーフレームとはお部屋の暖まり方が異なります。背面には熱が伝わらないので壁に寄せて使うことができます。しかもマッチいらずのワンタッチ着火なので楽です。

DSC03984.jpg
去年はパーフェクションで魚を焼いて大変なことになってしまったお客様がいらっしゃいましたが、反射型のタイプなら、お芋やお餅は焼けます。どんどん焼けます。

DSC03985.jpg
このシルバークイーン、とても重い。灯油を入れてないのに重い。灯油を入れたらとても持てたものじゃありません。だから背面にくっついている灯油タンクは取り外しができます。2筒ありますので暖かさも2倍。一般的な日本の反射型ストーブと比べると格段に暖かいです。点火後の暖まり方の早さも秀逸です。

DSC03996.jpg
もちろん芯は新品に交換済みです。ほかに類を見ない個性的なストーブですが、いったんハマるとどっぷりその魅力に取りつかれてしまいます。どうぞ気をつけて。
page top
フジカとブルーファイアーの話
今日は少し変わり種のフジカブルーファイアーの話。現在店頭にありますのは以下の2台。

DSC03977.jpg
フジカブルー。

DSC03987.jpg
ブルーファイアー

共にボディはクリーム色とピンクの可愛らしいものです。そしてともに名前にブルーがつきますようにアラジンと同じく燃焼炎がブルーです。温かみのあるピンクのボディと炎のブルーの対比がもう堪えられませんね。スイカに塩をかけるような非常にコントラストの効いた日本的デザインだと思います。



フジカは現行品も人気ですが、様々な色、形のストーブが作られているようです。

gazou 7684

これは以前入荷していたフジカブルーですが、かなりの大型で熱量も相当なものでした。

DSC03978.jpg
今回入荷分は上半分にガードが付いているところは同じですが

DSC03980.jpg
タンクの上になぜか銀色の斜めになったガードがあります。こちらのほうが年式が新しいのか、給油口と燃料計とつまみが正面に寄せて付けてあるので便利。暖まり具合はアラジンには若干劣るもののパーフェクションよりかは暖かい、といった具合です。フジカも芯の入手が困難な機種なのですが、これは新品に交換しています。







そしてもう一台はブルーファイアー。商品詳細は過去ブログ記事に拠るとして
DSC03988.jpg
色、デザインの可愛らしさでは群を抜いていると思います。

DSC03989.jpg
今回入荷分は琺瑯の傷みもほとんどなくなかなか無いほど美品です。もちろん芯も新品に交換済みです。

DSC03990.jpg
ぜひぜひ女性にお勧めの1台です。
page top
商品入荷のお知らせ
ミシンテーブル、本日入荷してます。


DSC04012.jpg
脚がストレートなタイプです。

DSC04014.jpg
いかにもアンティークといった古いタイプではないので、天板も明るい色調の木目のきれいな板を使っています。

DSC04013.jpg
新しい家具ともなじみの良い雰囲気に仕上がってます。










そして何かと最近お尋ねの多いトランジスタ時計。2台入荷してます。

DSC04009.jpg
セイコーですがソノーラ台頭以前のものだと思います。オリジナルは妙な擦りガラスが入っていたのでモールガラスに替えました。

DSC04010.jpg
練乳色が優しい雰囲気です。




DSC04008.jpg
もう一台はのっぺらぼうのトランジスタ。これはソノーラ。

DSC04007.jpg
突発的な事故で文字盤が真っ白になってしまいましたが、それはそれでモダンデザインじゃないかということで。数字が盛り上がっているので時刻はきちんとわかります。






そのほか

DSC03955.jpg
まさにチューリップなグラス。




DSC03956.jpg
蓋付寸胴ガラス瓶。デッドストックです。
page top
ニッセンとパーフェクションの話
まだまだ昼日中は暑いですが、ひきつづき石油ストーブの話。今日はニッセンパーフェクションです。




まずはニッセンから。てっきりお洋服の通販の会社と間違えてしまいますが、会社名は「日本船燈株式会社」です。略してニッセン。古いタイプの大型タンクのほうが人気ですが、現時点で店頭にあるのはIS-3フリージアです。

DSC03957.jpg
新品だとまばゆいばかりの金ぴかですが、使い込んでいくとだんだん落ち着いた色合いに変わってきます。

DSC03959.jpg
てっぺんは盛り上がっているのでヤカン等はのせられません。本格的に暖をとるには向かないお飾り的なストーブですが、見た目のユニークさと着火時の美しさが個性的な1台です。4.5常から6畳くらいのお部屋向きですが、昨今の機密性の高いマンションだとこれでも十分暖かいという指摘もあります。

DSC03958.jpg
着火時。おうちで船気分が味わえます。

DSC03993.jpg
現在店頭に底板ありとなしの2台あります。底板には着火時に芯を引っぱりだす棒が付いていますが、なくても指で引っぱれます。個人的には底板がないほうが移動時にスネを打ちつける心配がなくてよいと思っています。










そしてパーフェクション。ボディがガラスで炎の揺らめく様子を楽しめるのが特徴で女性に根強い人気です。

DSC03975.jpg
特徴に関しては過去のブログ記事を参照していただけますとよろしいかと思いますが

DSC03974.jpg
人気の理由はやはり見た目の格好良さ、木製家具と相性の良い茶色のボディと、ガラス越しの炎の揺らぎが天井にも映って非常に豊かな暖かい気分になれます。

DSC03971.jpg
個人的にはガラスにPERFECTIONと浮き出ているのが密かに洒落ているとおもいます。

DSC03976.jpg
現在店頭にあるのは頭がドーム型のタイプです。


DSC03970.jpg
タンクもピカピカでもちろん芯も新品に替えてます。パーフェクションは本体を手に入れても芯の入手に難儀する人も多いようです。当店へもたまにお問い合わせがありますが、芯の販売のみは行っておりませんのでご了承くださいませ。

page top
アラジンブルーフレームの話
一番有名な石油ストーブでしょう。もとはイギリスのアラジン社の物ですが、現行品は日本製です。石油ストーブを初めて購入してみようという方は、いろいろ見た結果やはりアラジンストーブに落ち着くことが多いようです。



DSC03961.jpg
現在入荷しているアラジンストーブは4台、すべて39型です。現行品のひとつ前の型となります。IRから現行品まで様々なモデルチェンジを経ておりマニアにとっても楽しいストーブでしょうが、当店はうんちくの店ではありませんのでその辺は割愛します。今年はいまのところ、15型が1台入荷予定があります。


DSC03962.jpg
↑の2台の天板。

DSC03966.jpg
あと2台。

DSC03965.jpg
どれもおおむね美品です。少しずつ塗装の状態とか変わってきますので、価格もそれに応じて15,000円から20,000円となっております。当店の商品はすべて分解清掃、整備済みで芯に関しては全て新品に交換しておりますので正しく使えば3年はそのままお使いいただけます。また芯交換に関しましても有料にて行っております。


DSC03963.jpg
39型に関しては、つまみの部分にあるロゴマークが2種類です。ブルーフレームヒーターと書いてあるものと
DSC03964.jpg
アラジンのランプのマークの入っているものと。これは新旧によるものではないようですがどちらかといえばランプのマークが入っているほうがかわいいかもしれませんね。




毎年書いていますが、アラジンストーブの良さといえば




1 他社ストーブに比べ着火しやすい
2 燃費がいい
3 推奨してはいないが上にやかん等が乗せられる(お湯を沸かすことができる)

対するデメリットは

1 芯周りの掃除がこまめに必要
2 正常炎の認識を誤りやすい



といったことがいえます。特に39型はつまみがまわしやすく、着火時に少し回すだけでよいので楽ですし耐震自動消火装置が付いているので安全です。当店のお客様もはじめの1台にアラジンを購入されてストーブの使い勝手の良さに開眼し2台目、3台目に別のストーブをお求めになる方が多くいらっしゃいます。入門編としては最適のストーブでしょう。

page top
石油ストーブ入荷のお知らせ
今日で連休最後、秋分の日ですね。今月に入ってからストーブに関するお問い合わせを多数いただいておりましたので少し前倒しで今日から店頭に並べています。順次ブログでもご紹介していくつもりですがお知らせまでに。

DSC04001.jpg
手前からニッセンのフリージア、アラジンの39型アイボリーとグリーン。

DSC03994.jpg
手前から茶のパーフェクションフジカブルーブルーファイアー


それからバーラーに、当店初入荷のシルバークイーンまで総勢11台。色々取り揃えてございます。どうぞじっくりと店頭で見て触ってあなたの生活スタイルに合ったストーブを見つけてください。選び方、使い方、メンテナンスの方法、疑問点など店頭にてお尋ねください。石油機器技術管理士の店主が対応いたします。なお、お電話やメールでのお取り置きはいたしておりませんのでご了承くださいませ。
page top
DATE: 2009/09/21(月)   CATEGORY: 雑文
アイゴー
今週は動物愛護週間です。


福岡市の市政だよりによると、動物園内の科学館にて「知っているようで知らない犬と猫のことについてパネル展示します」と書いてありましたので、行ってみました。猿山もカバも見ずに一路科学館へ。ところが、ないのです。そんなパネル展示は。

あるのは犬猫の適正飼育に関するお達しだけ。だまされた・・・。最近はもっぱら法令を振りかざして猫は室内飼育することを推奨しているが、これにも私は同意しかねる。パンフレットには「猫が屋外で生活すると、迷子になったり、病気や交通事故による怪我など危険がいっぱいです」と書いてあるけれども、そんなことを言うなら人間だって同じである。そのうちに「日本人の子供は数が少なくて貴重なので20歳までは屋内で育てること」にでもなるのかと思う。

DSC03880.jpg
ペンギンを愛護。

DSC03881.jpg
カメを愛護。

oinari22.jpg
ネコも愛護。
page top
商品入荷のおしらせ
ひきつづき商品入荷のお知らせです。






DSC03843.jpg
クロンボ人形。

DSC03845.jpg
この下腹の出っ張りをみると、つい自分の腹を引っ込めてしまうのは私だけでしょうか。





DSC03852.jpg
クロンボ栓抜き。

DSC03853.jpg
カニさん栓抜き。





DSC03854.jpg
中国人の人形。

先日ダイエーに夫の肌着を買いに行った時、レジのお兄さんが中国の方でした。なんだかすごくゴツイバックルに中華丼みたいな模様が描いてあるベルトをしていて、思わず「それは何と書いてあるのですか?」と聞いたら「中国の王様の御墓です」という答えだった。日本で言うと20歳くらいの若者が「仁徳天皇陵」とでかでかと描いてあるベルトを締めているようなものでしょうか?感慨深い。





DSC03850.jpg
琥珀色のカップ。





DSC03864.jpg
一部復刻品で認知度が上がってきている石塚硝子のアデリアシリーズ。現行品は割と一客の値段が張るので、数を揃えるなら古いタイプのデッドストックが狙い目でしょう。

DSC03865_20090918145956.jpg
蓋物と小皿。







DSC03857.jpg
白ひょうたん。





DSC03855.jpg
豆球付スタンドライト。

DSC03856.jpg
従順そうなロバさん付。







DSC03860.jpg
大理石置き時計。

DSC03859.jpg
精工舎。






DSC03862.jpg
同じく精工舎の青いガラス時計。文字盤のはく離など難あり。







DSC03866.jpg
またもや拡大鏡。







DSC03867.jpg
シンプルですがさりげないカットが素敵な鏡。工夫次第で洒落たスタイリングができそうです。






DSC03868.jpg
遊園地のアトラクションのようなわざとらしいデザインの壁掛け飾棚。




DSC03869.jpg
モダンな柄付けの皿。

DSC03870.jpg
前衛的なたんぽぽのようです。





DSC03871.jpg
デッドストックの切り子中皿。

DSC03872.jpg
葉脈まで美しく。
page top
商品入荷のお知らせ
いよいよ明日から5連休ですか。小物類もろもろ入荷してます。






DSC03823.jpg
大皿その一。壺三種の柄。




DSC03848.jpg
大皿その二。繊細な更紗文様のような柄。名古屋製陶。





DSC03824.jpg
小さな陶製のおろし。卓上でちょっと使うのにも見栄え良く。




DSC03826.jpg
陶製のピッチャー。容量たっぷりです。





DSC03809.jpg
卓上スタンドライト。写真では分かりづらいですが赤いフロッキー生地です。ちなみにフロッキーとは日本語で“電着植毛加工”(でんちゃくしょくもうかこう)と言い表面が立体的になっているフェルトのような手触りの加工の事なんだそうです。





DSC03827.jpg
ツタンカーメンですか?

DSC03829.jpg
後ろ姿はなんだか卑猥な感じがします。





DSC03830.jpg
真鍮猪口。なんだか異国の香り。






DSC03831.jpg
小さな顕微鏡。以下2点もサビ好きジャンク系です。

DSC03832.jpg
なるだけ避けて通りたい拡大鏡。

DSC03833.jpg
凸凹の時計。






DSC03834.jpg
むかし、宇宙ってこんな感じ。の写真。




DSC03837.jpg
木製フォトフレーム。愛猫の写真を入れましょう。





DSC03839.jpg
壁掛けの飾り皿。






DSC03841.jpg
透明の切子中鉢。

DSC03842.jpg
5種、柄違いです。
page top
DATE: 2009/09/17(木)   CATEGORY: お知らせ
営業日のお知らせ
なんだかいつの間にか勝手に決められている連休。当店は暦通り、21日(月)以外は営業します。21日の敬老の日は定休日です。皆様のご来店こころよりお待ちしております。


また例年は9月半ばより石油ストーブ各種を店頭に並べておりますが今年はもう少し遅めの予定です。連休明けか10月の初めごろを予定しています。多数お問い合わせいただいておりますのでお知らせまでに。
page top
商品入荷のお知らせ
朝はすっかり肌寒いですね。気候も良くなり秋冬物のお洋服など選ぶのも楽しい季節になりました。忙しく過ごしているとあっという間に変わってしまう季節の境目も、お部屋の小物などひとつふたつ変えるだけでも気分は随分と変わりますから、付箋を付けるように季節の節目をつけてじっくり味わってみてはいかがでしょうか。



DSC03816.jpg
ダイヤガラスの入った棚。

DSC03818.jpg
中は3段で割と奥行きがありますので用途は広いでしょう。

DSC03817.jpg
ダイヤガラスなので中身も見えすぎずシルエットがぼんやり見える程度です。






DSC03808.jpg
ワイヤーのトルソー。いつも思うけどこれはヤギなのでしょうか。






DSC03812.jpg






DSC03803.jpg
陶製の湯沸かし。

DSC03804.jpg
中身。






DSC03805.jpg
カレイかヒラメか?FISH DISH。






DSC03807.jpg
カバさん親子。





DSC03813.jpg
木目のきれいなシカさんたち。





DSC03799.jpg
石塚ガラス、ADELEXの透明カップ&ソーサー。

DSC03800.jpg
よくある広く浅いタイプでなくて深型のほうです。丈夫で保温力がありスタッキングできるのでやっぱり便利。






DSC03819.jpg
白に水玉のマルティグラス灰皿。





DSC03811.jpg
デコラティブな状差し。




DSC03822.jpg
作業台。足元に色々乗せられるので立ち仕事に便利です。丸椅子で足踏みミシン用のテーブルにも。
page top
DATE: 2009/09/14(月)   CATEGORY: 雑文
我家の床飾り
oinari19.jpg
我が家の簡素な床の間に・・・


oinari18_20090914233101.jpg
おいなりさんがいます。


おいなりさんは賢い?ので、「入って」と言うとどこにでも素直に入ります。段ボールの中やビニール袋の中やタンスの中や病院に行くときのキャリーケースにも自分から飛び込みます。そして↑炭籠の中にも。お利口さんです。







さて今週もむふふの面白いものを入荷してます。詳細は明日。
page top
商品入荷のお知らせ
昼間は暑いものの、食べ物も秋のものが出まわり始めましたね。秋はいろんな楽しみがありすぎて忙しく寝不足です。昨日は夜中にヤカンで水出し緑茶を作ろうと水を注いでおいたのですが、朝台所へ行くと、マルティグラスの大鉢になみなみと水が注いでありました。しかもハイサッサ(汚れ落としフキン)が漬けこんであります。寝不足はいけません。


以下昨日入荷分です。



DSC03604.jpg
書斎机と椅子のセット。最初からあわせてある組み合わせなので机と椅子の高さはぴったりです。クラシックで良品。

DSC03606.jpg
椅子も革張りで座り心地良し。






DSC03600.jpg
先日入荷していた一人掛けソファは2脚売れたので残り1脚です。






DSC03617.jpg
多用途の棚。あなた次第で如何様にも。





DSC03601.jpg
カリタのポットとドリッパー。上品なブルーが美しいです。




DSC03607.jpg
蓋物と片口の洋食器。

DSC03608.jpg
白地に銀の縁取りで、雪の結晶柄。

DSC03609.jpg
深川製磁の洋食器です。





DSC03615.jpg
やわらかなフォルムが手になじむ水差しセット。




DSC03611.jpg
シンプルで小技の効いた透明のグラス2種。ともにデッドストックです。

DSC03612.jpg
裾にカットが入って洒落ています。

DSC03614.jpg
ストレートタンブラーでは物足りない方に。






DSC03616.jpg
調味料カスターセット。もちろんこれもデッドストックです。
page top
DATE: 2009/09/07(月)   CATEGORY: 雑文
初秋のおいなりさん
朝晩はすっかり涼しく、朝方など風が冷たく感じます。窓を開けたまま寝ていたら案の定、おいなりさんは風邪気味です。皆様もどうぞ気をつけて。



oinari17.jpg
はしたなく足を上げて眠るねこ。太ったおばさんが寝ているようにしか見えない。
page top
毎日入荷
今日も続々入荷中。以前好評だった和食器も入荷してます。




DSC03569.jpg
青の濃淡が美しい染付の小皿2種。

DSC03576.jpg
楕円のタイプ。シンプルな柄付けでのせるおかずを選びません。

DSC03579.jpg
丸タイプ。プリントでなく手書きなので一枚ずつ表情が違って飽きが来ません。

DSC03577.jpg
同柄でお茶碗もあります。






DSC03573.jpg
目が覚めるほどの瑠璃色。深川製磁の蓋付のお湯呑み。

DSC03574.jpg
大輪の薔薇。





DSC03568.jpg
クリーミーなグリーンの丸皿。

DSC03575.jpg
東洋陶器。





DSC03581.jpg
マルティグラスのマーブルグラス。




DSC03580.jpg
同じくマルティグラスの紫のマーブル灰皿。






DSC03589.jpg
これは後ろ姿。

DSC03590.jpg
太った雪うさぎみたいな香合。




DSC03593.jpg
琺瑯バット3枚セット。





DSC03592.jpg
ドアノブ2種。真鍮製とガラス製。

DSC03586.jpg
個人的には握りやすいガラス製が好きです。





DSC03556.jpg
80年代の香りプンプンの照明。

DSC03557.jpg
無駄にカッコつけた姿が憎めません。


page top
商品入荷のお知らせ
家具から小物類まで今日も続々入荷中です。





DSC03558.jpg
重たい鏡台。

DSC03560.jpg
鏡に厚みがあって重たいのですが、その分際にカットも入って重厚感がありますし映りも良いです。

DSC03559.jpg
トラのような模様の木目も高級感たっぷり。





DSC03554.jpg
いかにも昔風な木製ラジオ。

DSC03555.jpg
もちろん聞くこともできます。





DSC03519.jpg
白の琺瑯ポット。

DSC03521.jpg
海藻色のガラスの取っ手付きカップ。





DSC03528.jpg
白に赤のフリルが愛らしいガラスのシェード。






DSC03545.jpg
たまには立派な房付の電傘。大正ごろでしょうか。

DSC03546.jpg
いろんなデザインのものがありますが、これは和風すぎずすっきりした銅飾のデザインで現代家屋にも違和感なく馴染みます。状態良好。

DSC03542.jpg
点灯時。下から見たときに電球が見えないタイプの電傘は高級感がありお部屋全体がランクアップしたように見えます。これホントよ。雰囲気ある寝室つくりなどにおすすめです。

DSC03544.jpg
房は引っぱらないように。





DSC03549.jpg
シガレットケース。

DSC03550.jpg
別珍のクッションを入れてアクセサリーケースなどにしても素敵です。

DSC03551.jpg
オキュパイドジャパン、です。





DSC03552.jpg
灰皿。

DSC03553_20090903180927.jpg
香蘭社ならではの美しい色柄です。




DSC03539.jpg
薄くてスタイリッシュボディの8日巻き時計。

DSC03540.jpg
愛知時計です。





DSC03535_20090903181436.jpg
ミシンに付属するブラザーとスーパーの小箱。
page top
家具類いろいろ入荷
9月に入ったら急に目が回るほど忙しいのはなぜかしら?以下、昨日入荷分の家具類を掲載しておきます。



DSC03532.jpg
まずは一人掛けソファから。

DSC03533.jpg
古いソファの場合生地が傷んでいることが多いのですがこれは状態良好です。

DSC03534.jpg
アームの形も格好良いです。ソファの入荷は珍しい上に2脚揃いなのでお探しの方はお早めにどうぞ。





DSC03512.jpg
ソファと同生地の腰掛け。堅い座面が心地よいです。





DSC03513.jpg
立派な下駄箱。

DSC03515.jpg
向かって左半分は靴などを。板がきちんと手前に傾斜しているところが親切設計。

DSC03514.jpg
右サイドにはステッキや傘などを入れられるスペースがあります。至れり尽くせりの贅沢靴箱です。
一見して靴箱っぽくないモダンな外観も素敵だし自分で使いたいくらいです。





DSC03516.jpg
木製冷蔵庫。

DSC03517.jpg
中はきれいに張り替え済み。物入れに使えます。

DSC03518.jpg
この取っ手を開けるときの快感は…お試しあれ。





DSC03522_20090902155807.jpg
堅牢な小机。明るい木色で可愛らしいです。





DSC03524_20090902155811.jpg
便利な踏み台。ちょっとだからとその辺の椅子に乗って見事に転ぶ事、よくあります。横着はだめ。




DSC03526.jpg
麗しい木目のお裁縫箱。立派なお裁縫箱は、持っているだけでお裁縫がちゃんとできるいい女になった気にさせてくれます。錯覚でもうれしい。




DSC03525.jpg
サクラビールの木箱。



DSC03529.jpg
木箱。

DSC03530.jpg
救急箱や道具箱に。

page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ