「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、時計、ガラス製品など多数品揃え。石油機器技術管理士の店主が石油ストーブの整備・修理も承ります。猫を連れてのご来店大歓迎です。
商品入荷のお知らせ
久しぶりの晴れ間、お買い物かお洗濯か・・・




DSC01835.jpg
水屋(2段式食器棚)入荷してます。

DSC01836.jpg
上下段、ともに棚だけのベーシックなタイプです。色味も落ち着いたこげ茶で非常にシンプルな印象です。お部屋の和洋を問わずお使いいただけます。




DSC01743.jpg
深川っぽいシンプルな花瓶ですが・・・おだやかな海に煙突、煙がモクモク。

DSC01745.jpg
昭和14年に海軍燃料廠(ねんりょうしょう)採炭部の創業50周年記念。どうりで海と煙突。

DSC01746.jpg
イカリマークもあり。




DSC01837.jpg
おいなりさんのような全身白い樹脂貯金箱。



DSC01838.jpg
おさる貯金箱。



DSC01839.jpg
グラス型灰皿。




DSC01840.jpg
白いガラスの大きな花瓶。




DSC01841.jpg
オレンジ花瓶。




DSC01842.jpg
ノリタケ小鉢。

DSC01843.jpg
奇をてらわず清楚で上品。



DSC01847.jpg
切子の透明グラス。よくよく見るとみな背の高さや口径が違います。

DSC01848.jpg
装飾過多な切子が苦手なひとには是非。すっきりしたデザインです。




DSC01845.jpg
美しい色合いのガラス中鉢。




DSC01849.jpg
スモーキーなガラス小皿。




DSC01846.jpg
パーコレーターと琺瑯ヤカン。




DSC01850.jpg
お菓子缶、追加で入荷。たまごボーロ。



DSC01854.jpg
ブリキバケツ。




DSC01855.jpg
ひょろ長いところが素敵なリキュールグラス。





DSC01851.jpg
調味料入れ。目玉焼きやコロッケなど醤油やソースなど好みの調味料が家族でばらばらな時に重宝します。




DSC01852.jpg
切子ガラス皿。

DSC01853.jpg
夏の銘々皿に。




DSC01857.jpg
ガラス醤油差し。



DSC01858.jpg
モダンお湯呑み。



DSC01856.jpg
木製の額。ご自分で鏡を入れてもいいですね。




DSC01860.jpg
寄木細工の小箱。富士山の彩色が美しいです。


page top
商品入荷のお知らせ
すでに店頭から遅れをとっているようで取り急ぎ。



DSC01809.jpg
大きな琺瑯ピッチャー。




DSC01810.jpg
お菓子缶2種。

DSC01811.jpg
中身が見えるようになっています。




DSC01814.jpg
大人っぽいケロちゃん。




DSC01812.jpg
タイガーの保温ジャー。夏は冷蔵庫、冬はおひつにって書いてあるけど、ここから御飯をよそうお母さんはちょっといやだ。デッドストックでしたが売約済み。




DSC01813.jpg
クリスタルガラスの蓋物、残念ながらキズあり。




DSC01820.jpg
キリンビールの瓶。徳利を思わせますね。



DSC01815.jpg
アルマイト弁当箱いろいろ。すでに売れてしまったものも多数ですが・・・

DSC01816.jpg
ジャングル大帝。

DSC01817.jpg
スーパージェッター。

DSC01819.jpg
こけしのイチ押しは、南洋こけし。





DSC01818.jpg
でんぷんのりでおなじみのフエキ糊。



DSC01821.jpg
ガラスのゆらぎが握り心地よし、シンプルなグラス。ビールにも焼酎ロックにも。




DSC01822.jpg
くろんぼ付き灰皿。



DSC01823.jpg
くり抜き盆。かなり大きめで、生前?は立派な大木だったのだろうと偲ばれます。木のくり抜き盆は新品をデパートで買おうとするとすごく高価ですが、使い込むほど手になじみ味わいも出てとても良いものです。




DSC01826.jpg
ぶれててすみません。角型もあります。2色の色調が美しい桜盆。
page top
続々入荷のお知らせ
ひきつづき入荷のお知らせです。



DSC01749.jpg
帽子掛け。



DSC01799.jpg
そしてそこにかかっているデッドストックの水筒、いろいろ。よりどりみどり。



DSC01801.jpg
小引出ではないのです。袖机。まあどちらでも構いませんけどね。脚付だからベッドサイドにも。




DSC01800.jpg
トルソー。




DSC01803.jpg
天びん秤。分銅付き。



DSC01802.jpg
インテリア雑誌で、額だけを単体床に直置きでスタイリングしてあるのを見かけますが、パリのアパルトマンに住む画家の卵風・・・・なんでしょうね。おもはゆいわ。




DSC01804.jpg
大正から昭和の初めにかけて、でしょうか。氷皿。




DSC01805.jpg
サクラ印が愛らしくくっきりしたミドリが目に鮮やかな、醤油差し。



DSC01806.jpg
木の葉型のお皿大小揃い。バラ売りです。




DSC01748.jpg
おなじみの見ざる言わざる聞かざるの3サルトリオですが、貯金箱。お金を入れる穴は真ん中の猿の背中にあるので、一番上の子ザルはお金を入れる空間としては全く機能していない。心だけでなく貯金箱にも余裕を。



DSC01807.jpg
真っ黒なところがいかにも、な石炭バケツ。口がとがっているので石炭だけでなく水も汲みやすそうです。




DSC01808.jpg
ジョーロ。漢字で書くと如雨露。夜露死苦みたいな当て字かと思いきや、あめつゆのごとく、って日本語は美しいわー。




DSC01605_20090528122203.jpg
デリシャスビスケットの缶。昔のお菓子って、こんな風に自らデリシャスと名乗ったり、「箱においしいよ!」って書いてあったりと押しの強いものが多かった気がします。昨今のお菓子はおとなしい。





page top
商品入荷のお知らせ
なるだけ早く掲載しようと鼻息荒く日々奮闘中。



DSC01796.jpg
ミルクガラスのつまみたくさん。ひとつ300円也。

DSC01797.jpg
ほんとうにキャンディーのような可愛らしさ。




DSC01785.jpg
燭台。




DSC01795.jpg
シュガーポット。



DSC01794.jpg
赤の市松柄がモダンなグラス。




DSC01784.jpg
ビクター犬のシール。




DSC01788.jpg
ガラスのコースター、いろいろ。




DSC01789.jpg
レースガラス他。




DSC01786.jpg
水あめのようなガラス皿。灰皿に。




DSC01787.jpg
切子グラス。



DSC01790.jpg
懐かしく恐ろしいガラスの器。歯医者さんの薬入れ。こうしてみると深く美しい色合いだけど、ペンチのようなものでひっぱったり麻酔なしで削られたり昔の歯医者って痛かったなぁ・・・・。




DSC01791.jpg
アルコールランプ。




DSC01798.jpg
真鍮のお猪口。




DSC01792.jpg
銀色の船時計

DSC01793.jpg
サクラ印が愛らしいですが、自衛隊基地内で使われていたもののようです。メーカー名も入っていませんがSEIKOSHAのものと思われます。売約済み。
page top
続々入荷予定・・・
ガラス食器など大量入荷してますので、順次店頭に並ぶ予定です。ブログ掲載とのタイムラグがあり店頭へ行ったらすでに売約になっているとのお叱りをうけますものでお知らせだけ先に・・・ご来店お待ち申し上げております。
page top
DATE: 2009/05/25(月)   CATEGORY: 雑文
ことだま
ことだまのさきはうくに。



我が国、日本のことです。漢字で書くと言霊の幸う国。そもそも言霊とは、言葉に宿っている不思議な霊威のことであり、古来日本人はその力が働いて言葉通りの事象がもたらされると信じていた・・・のだそうです。現在、言霊を信じている人の割合ってどのくらいでしょうね。迷信だーという人のほうが多いかもしれません。けれど、わたくしこけしは信じています。なぜなら、おいなりさんは言霊だから。


おいなりさんは4年前の夏に我が家にやってきました。縁側からふらふらと。私たち夫婦が今の家に越してきて1か月ほど経った頃です。とても痩せ細った小さな猫でしたが、何度か猫缶を与えるうちに、なんと子供を連れてやってきました。おいなりさんに瓜二つの真っ白で尾の長い青い目の子猫一匹。小さなおいなりさんが母親だったことにも驚きましたが、人を見るといいますか下見を繰り返した後にここなら大丈夫ということで連れてきてくれたものと思われます。ただその頃は宿泊していくことはなく、夜の11時頃になると外へ二匹連れで帰って行きました。

ひと月ほど子連れ訪問を繰り返した後に、子離れをきちんとさせて子猫は巣立って行きました。甘えようとすると、シャーっと言って突き放すのです。見事な母親っぷりでした。そしておいなりさんだけが我が家に残りました。はじめてお泊りした日はコロブチカを踊るくらいうれしかったです。


そして、現在に至るわけですが・・・わたくし、今の家に越してきてすぐに夫との会話で
「こんどの家は一軒家だから外から猫が来るかも。もし飼うのなら、真っ白で尻尾の長い猫が欲しい。」と大きな声で公言していたのです。まるで派遣社員のようにその通りのおいなりさんがやってきたわけですが、後に気づいて驚きました。言ってみるもんだなぁと。偶然と言えばそれまでですが、現実になってみると空恐ろしいほどです。

言葉の力を信じる信じないは別として、日々自分の口から出す言葉は美しいに越したことはないし、理想や希望を口に出して言うことは大事なことだなぁと実感します。思っているだけではなく言葉にすれば願いも叶う・・・のかもしれません。



oinari6_20090526161700.jpg
わが家の言霊。
page top
DATE: 2009/05/24(日)   CATEGORY: お知らせ
WJC
5月20日発行の福岡発のインターナショナル情報誌、ワールドジョイントクラブに当店もちょこっと載ってます。ほんのちょっと、ね。フリーペーパーなので見かけたらどうぞお手にとってごらんくださいませ。

DSC01750.jpg

こけしはいつも浄水通りのラックからもらってきて読みますけど、個人的に伊東心さんの「心の旅」がとても楽しみ。世界自転車紀行です。憧れます。3輪の荷車付き自転車の購入を検討中・・・
page top
商品入荷のお知らせ
ガラスもの、ちょこちょこ入荷です。

DSC01597.jpg
グラス。右はよくよく見ると市松模様になっていて洒落ています。



DSC01604.jpg
ショットグラス。以前入荷したビアグラスとお揃い柄です。



DSC01599.jpg
切子一輪挿し。

DSC01603.jpg
切子一輪挿し、その2。




DSC01602.jpg
大ぶりな切子のコンポート。金魚鉢にできるくらい大きいです。




DSC01606.jpg
淡いピンク色のガラス大鉢。

DSC01607.jpg
黄緑色のガラス浅鉢。




DSC01613.jpg
こちらは透明感のあるグリーンの大鉢。マスカットたっぷり盛りたいです。



DSC01612.jpg
この色、まさにいちごゼリーの色のガラス鉢。やっぱり山盛りのいちごでしょうか。




DSC01610.jpg
透明のガラス鉢大中小、3個揃い。

DSC01611.jpg
底の☆柄が愛らし。




DSC01616.jpg
ガラスの青いフリル電傘。戦後タイプです。

DSC01614.jpg
点灯時。



DSC01600.jpg
厚手のガラス花瓶。花をいれなくとも単体で美し。




DSC01608.jpg
堂々たる恰幅の大理石置時計。重さも半端じゃないの。

DSC01609.jpg
クラシックな外観によらずモダンなフォントで、イカツイ童顔の角刈り、の風情。売約済み、参考までに。
page top
DATE: 2009/05/18(月)   CATEGORY: 雑文
もしもしカメよ
去年の5月にも亀と交信していたおいなりさんですが、またもや亀さん御来訪。




DSC09662.jpg
子亀とおいなりさん。

DSC09663.jpg
興味津津のおいなりさん。

DSC09664.jpg
亀攻撃中。



そういえば、先日本で読んだんですが。いわゆるべっ甲と本べっ甲っていう表記の違いですが、これはスッポンとタイマイ(写真のカメさん)の違いだと。スッポンのかんざしって…魅力半減。本当かしら?
page top
DATE: 2009/05/15(金)   CATEGORY: 雑文
帯道楽のすすめ
今日は個人的な帯の話です。興味のない方はどうぞ読み飛ばしてくださいませ。



日本女性はきものを着るとすべからく美しく見えると思うのはわたくしだけではないと思うのですが、ひとくちにきものと申しましても、柔らかものと織の着物に大別されます。群ようこさんも証言しておられますが、男性は圧倒的に柔らかいきものが好きですね。ただし、その人に似合う、似合わないといった判断基準ですときっぱりとわかれます。

page top
和食器入荷
まず、ご報告を。
DSC01406.jpg
お電話でのお問い合わせ殺到、店頭でも他のものには目もくれずお財布めがけて猪突猛進のお客様多数ご来店いただきまして、反響の大きさに驚いた次第ですが。先日ご紹介しましたお財布、この赤と黒の長財布一点のみとなってしまいました。お知らせまでに。






そして、たまには和食器を。

DSC01392.jpg
当店では通常はあまり扱いのない和食器ですが、幾人かのお客様からご要望がございましたのでいくつか取り揃えました。





DSC01396.jpg
つぶらなひとみの孔雀の中皿。香蘭社

DSC01395.jpg
のびやかな笹。香蘭社

DSC01397.jpg
リアルな柿の小皿。深川

DSC01393.jpg
ロマンティックな大輪の薔薇小鉢。深川

DSC01394.jpg
香蘭社、ふたもの。

DSC01399.jpg
九谷のお湯のみ。

DSC01404.jpg
箸置き。

DSC01402.jpg
小ぶりで上品な有田焼のふた付き飯椀。

DSC01400.jpg
深川の急須湯呑セット。

根強い人気の深川香蘭社が主ですが200円?400円ほどです。たまには昆布とカツオで丁寧におだしをひいてシンプルな和食、いかがでしょうか?


page top
DATE: 2009/05/11(月)   CATEGORY: 雑文
休日のおいなりさん
もはや載せなくては気がすまなくなってきた、今週のおいなりさん。

oinari5_20090513001723.jpg
最近の流行りは、おこしミックスの上でくつろぐこと。

oinari6.jpg
お昼寝。




その間に、こけしはお買い物へ。お隣のあまねや工芸店では洋服の展示が行われておりまして、そこで黒のノースリーブのながーいのを購入しました。シンプルであるけれど着る人の個性が際立つ服です。色違いや型違いでそろえたい人は早めのほうがいいと思いますよ。しかし一階のインド更紗がかなり気になったー。帯にするとものすごくいいと思うの。VS物欲。
page top
商品入荷のお知らせ
今日は昨日より暑くなるのではないでしょうかね。箱崎骨董市に行く人はどうぞ気をつけて。



DSC01339.jpg
30年以上前の日本製皮財布。デッドストックです。

DSC01343.jpg
長財布はクラッチバッグのようにも使えます。

DSC01342.jpg
二つ折り。女子興奮の色揃え、ボッテガヴェネタも足袋はだし、信じられないくらい格好良い色彩感覚です。

DSC01348.jpg
ガマ口の中の色のコントラストも素敵なお財布、各種1,000円也。色をじっくり選びたい方はお早めにどうぞ。





DSC01334.jpg
目覚まし時計。

DSC01335.jpg
シンプルで格好良し、SEIKOSHA製。





DSC01336.jpg
おなじみの陶製フック。ひとつ500円也。




DSC01337.jpg
錆び系フックも入荷。





DSC01338.jpg
錆び缶、鍵いろいろ。




DSC01349.jpg
金属製品を愛好する人には、錆びたものを好む人と、銀色のピカピカを好む人の2種に分かれるようですね。こけしは昔から後者。悪徳家で買い物をするたびカラス女の異名をとりました。昨今錆び系におされぎみかと思われますが、ピカピカ好き応援してます。

DSC01350.jpg
1960から66の番号が刻印されてあるリキュールグラス大の杯。銀製です。




DSC01355.jpg
真鍮ドアノブ2種。




DSC01360.jpg
切子ガラスのリキュールグラスも多数入荷。

DSC01358.jpg
濃い青に緑が入って深い色合いに。

DSC01361.jpg
切子お猪口。




DSC01357.jpg
ロンググラス。

DSC01356.jpg
同柄のコンポート。





DSC01353.jpg
手鏡。




DSC01363.jpg
ノーマルなマティーニグラス。




DSC01362.jpg
和室にもマンション床の間にもしっくりのモダン花瓶。

DSC01326.jpg
大倉陶苑しかり、香蘭社もしかり。良いものには納得の品の良さがあります。





DSC01364.jpg
芸者置物。
page top
商品入荷のお知らせ
今日も暑くなりそうです。先日店のエアコンも最新式のものに買い換えました。素晴らしいよ新しい家電は。ただ気温を下げるだけでなく、体に快適に涼しい。エアコンだけは古道具は勘弁です。




DSC01303.jpg
Meijiの大きな置き時計。

DSC01304.jpg
クラシカルな図体と、キンコーンという上品な音。男前です。





DSC01306.jpg
鮮やかなターコイズブルーの花瓶。




DSC01309.jpg
切子水差し。年をとると夜中にのどが渇きます。痛感。




DSC01308.jpg
マルチ大皿2種。




DSC01305.jpg
栓抜きいろいろ。




DSC01310.jpg
壁付けの照明。ガラスのアイスブルーが涼しげです。




DSC01313.jpg
ねこ神様。黒光りで貫禄。




DSC01314.jpg
切子グラス。




DSC01352.jpg
アルマイトヤカン。麦茶たっぷり沸かせます。




page top
商品入荷のお知らせ
連休もあといくばくか・・・。今日明日は行楽日和のようですね。こけしもお出かけ!西鉄ストアまで。



dfghdf.jpg
丸椅子複数個入荷。

DSC01298.jpg
なかなかにしっかりした作りです。お探しの方お早めにどうぞ。




DSC01262.jpg
いかにも80年代のSEIKOの時計。

DSC01263.jpg
ぽっちりが可愛らしいです。





DSC01243.jpg
縦型蛍光灯。

DSC01242.jpg
点灯時。




DSC01259.jpg
白いこけし。

DSC01260.jpg
小さいほうだけ両面に顔があります。





DSC01244_20090505160940.jpg
灰皿に。




DSC01261.jpg
チープな花生。





DSC01266.jpg
木製の・・・?用途不明。




DSC01296.jpg
吸入器。何を吸入するかは自由です。





DSC01299.jpg
秤。




DSC01293.jpg
見ざる言わざる聞かざる。

DSC01294.jpg
この後姿の愛らしさ!
page top
DATE: 2009/05/04(月)   CATEGORY: 雑文
連休のおいなりさん
どんたくのジンクス通りの雨。雨の降る中パレードお疲れさんです。


oinari3.jpg
雨が不満なおいなりさんはへの字口で箪笥の上からおりてきません。

oinari4.jpg
トランジスタ猫。

page top
商品入荷のお知らせ
いよいよ連休本番、本日もあたらしく商品入荷してご来店お待ち申し上げております。






DSC01219.jpg
巨大地球儀。




DSC01232.jpg
夏らしいシェードのスタンドライト。




DSC01231.jpg
木箱。宝箱に。




DSC01233.jpg
マガジンラック。




DSC01234.jpg
ブドウ鍋敷き。




DSC01224.jpg
昔の中国製うちわ。30年以上前の中国製品は今ほど粗雑なものではなく、日本の民芸品に近いような手づくりのよさがあります。




DSC01235.jpg
フクロウさん。




DSC01241.jpg
飛行機模型。




DSC01238.jpg
目覚まし時計。デザインのよさがあってこそプラスチックにも味わいが出るんだと思います。

DSC01240.jpg
SEIKOロビン。





DSC01237.jpg
陶器のダックスフント。




DSC01236.jpg
個人的な趣味ですが、ツボです。大好きです。不条理と無意味のカオス。




DSC01251.jpg
トリさん小物入れ。
DSC01252.jpg
チカラベビー。





DSC01248.jpg
真正面だと、黒い蛹のようにしか見えないですが

DSC01250.jpg
フクロウ?の壁掛け一輪挿し。





DSC01255.jpg
ワイヤートルソー。





DSC01254.jpg
リスとアヒルのガラス小物入れ。ピアスや指輪を入れると綺麗です。





DSC01257.jpg
お湯呑み。





page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ