「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
商品入荷のおしらせ
ぼちぼち入荷です。


gazou 12210
ガラス食器いろいろ入荷してます。この季節ガラスは寒々しいので写真はあえて掲載しません。店頭にてどうぞ。




gazou 12264
大きな蓋付のガラス瓶。



gazou 12336
先日お知らせしておいたとんび。もう一枚入荷してます。色はどちらも黒です。厚手のウール素材で、襟のつくりが若干違いますがよく似てます。




gazou 12365
踏み台。2段のものはよくありますが、わたしも含め小柄な人には高さが足りないのです。いつも踏み台の上に椅子を置いたりして、ひっくり返る元になるわけですが・・・これならニッセンのストーブより上背がありますので、小柄な奥様でも、デッドスペースになりがちな押入れの最上段に背が届きます。メタボな夫には踏み台昇降運動もさせられて一石二鳥。




gazou 12366
軽快な小机。サイドテーブルに。








[ TB*0 | page top
「太陽」 のはなし
1968年前後の「太陽」、大量入荷してます。


gazou 12209


現在は別冊太陽が発刊されていますが、「太陽」 は1963年に“日本初の本格的グラフィック月刊誌”として創刊した雑誌です。かなり大胆な写真と内容で雑誌と呼ぶのが恐れ多いほどの内容の濃密さです。現在発行されているもろもろの雑誌の、ぺらっぺらの要約すると原稿用紙一枚くらいになってしまうのではないかと思われる内容のなさ、に辟易としている方々に是非とも読んで欲しい一品です。


寄稿する人々の名前を名前を並べてみると、武者小路実篤、澁澤龍彦、幸田文、金子光晴、新田次郎、池田満寿夫、永六輔、森茉莉、壇一雄・・・など、もうそれはそれは錚錚たるメンバーなわけです。


世界の旅のコーナーも様々な国のディープな側面を斬新に切り取った内容で、まったくもって今日の雑誌の旅行特集は屁のようだと感じざるをえませんね。そして特筆すべきはやはり写真の力強さ。

gazou 12372
ガンジスの特集より参考写真その一。

gazou 12373
その二。

gazou 12374
死体写真ではありません。念のため。







そして忘れてならないのが、この年代の広告のおもしろさです。

gazou 12371
毎号毎号、裏表紙には新車が登場。

gazou 12370
たくましい。経済成長の勢いを体感できます。






どうでしょう、読んでみたくなりませんか?一度お手にとってご覧くださいませ。暮しの手帖もいいけど太陽もおすすめ、よ。


[ TB*0 | page top
商品入荷のお知らせ
最近入荷の商品を一部ご紹介します。


gazou 12263
机。黄色いです。竹を割ったようなスッパリしたデザインです。


gazou 12219
よくあるようでなかなかないデザインですね。




gazou 12262
文机その一。


gazou 12261
その二。ご予算とお好みに合わせてお選びください。




gazou 12338
これ、何ですか?とよく聞かれるんです。柵の中に赤ん坊を入れる・・・のではありません。火鉢を入れます。皆で輪になって手をあたためるわけです。グリーンネックレスとかの垂れ下がる観葉植物の鉢を入れてもきれいでしょうね。

以前関東方面で火鉢ブームがひとなみあったそうですが、結局九州までは届きませんでしたね。でも火鉢専門店なるものもネット上にあり全国区での盛り上がりを期待しています。



gazou 12339
小引き出し。お針箱にどうぞ。またはへそくり保管庫に。昔の女性は、夫がまず開けることのないお針箱にへそくりを隠したんですが、いまはそんなところに隠す人も少なくなったでしょうね。



gazou 12337
水筒です。米軍の。







[ TB*0 | page top
ニッセンストーブ2種入荷
3連休いかがお過ごしでしょうか。当店は明日24日は定休日です。月曜日は箱崎の骨董市がありますが、あいにくのお天気のようですね。お出かけになる方は防寒対策を万全に。



日本代表ともいえる、日本船燈、ニッセン石油ストーブ2種入荷してます。



gazou 12221
胴が卵型の大きなタイプです。アラジン、パーフェクション、バーラーなど当店で取り扱いのあるストーブの中で最も熱量の大きな6000キロカロリー。普通のストーブ2台分の暖かさ。洋間の場合24畳まで暖まります。また、ほかのストーブにはない火力調節が出来ますので4畳半から使えます。

gazou 12223
かなりの美品です。ぴかぴか。


gazou 12222
ニッセンが入荷するたびにたのしみなのが、タンクの色。以前入荷した柿色のものから朱赤、紅赤、柿茶・・・と微妙に色が違って楽しいのです。これは、茶。卵色との配色でとても落ち着いた印象を与えます。


gazou 12224
以前入荷したものと見比べてみると歴然と。印象が違いますね。





gazou 12225
そしてガラスホヤのタイプ。まぶしいほどのみかん色。パーフェクションと同じく筒がガラスのため明るく、お部屋の明かりを消しても照明代わりになります。

gazou 12226
これもまたとないほどの美品です。


gazou 12229
これは新しいほうのタイプなので、単一の乾電池2本を装着して、このレバーを押しますと・・・

gazou 12230
点火コイルで種火がつきまして

gazou 12231
手を離せば、一気に着火。マッチを使う手間いらず。めんどくさがりの方にもおすすめ。

gazou 12228
灯油の値段も去年並みに落ち着いてきましたし、ストーブのある生活。如何でしょうか?

[ TB*0 | page top
商品入荷のおしらせ
最近入荷した商品もろもろです。


gazou 12130
金属の茶托。

gazou 12131
意外とどんな湯飲みにも合わせやすいです。白磁の湯飲みをこれに乗せてコーヒーでも映えますね。



gazou 12212
これも金属製の水注。、ポット、ピッチャーに。いい具合のこなれた経年感がステキです

gazou 12211
よくよく見ると、カッコいい装飾がついています。圧倒的な存在感にシビレル。




gazou 12213
トルソー。



gazou 12214
大根型の大根おろしがね。陶器です。かなり目が立っていますのでシャリシャリおろせます。


gazou 12215
このデザインだと大きめの時計をイメージしますが、これはかなり小さくてインパクト有。



gazou 12216
たまにはカメラ。



gazou 12220
ケントの高級羽根箒。鴨です、カモ。



gazou 12260
ヤカン。一見なんでもないようですが、無骨なスタイルと渋い色。もうステンレスには戻れません。




gazou 12258
世界標準鉋。かんな、です。何でもメイド・イン・メキシコらしいです。押し鉋ですが、世界中で共通して鉋や鋸は押して使うものなんだそうで。日本だけが手前に引いて使う鉋らしいですね。



gazou 12265
今年もとんび入荷。インバネスコートです。とんびは背の高い人にはとっても似合います。背の低い人にも・・・それなりに様になります。このコートで、170センチくらいの人にちょうどいいでしょう。和服はもちろん洋装にも合いますので、是非一度羽織ってみてください。足元まですっぽり覆いますので暖かいですよ。去年も書きましたが新品だと今10万円くらいしますのでね。当店では8000円からご用意してございます。近々もう一着入荷予定。






[ TB*0 | page top
玉磨かざれば光らず
昨日に輪をかけてさむいですね。みなさま是非ストーブを使って暖かくなりましょう。昨日はアラジンのメンテナンスについてお話しましたが、今日はパーフェクションについて。


パーフェクションは、アラジンのように現行品がないので古道具店やリサイクル、もしくはインターネットなどで購入することになると思いますが、念願のパーフェクションを手に入れた方、説明書はついておりましたでしょうか?なかなかストーブとセットで手に入ることが少ないと思いますが、一応説明書は存在します。

gazou.jpg
日本の総代理店発行の物です。



パーフェクションという名前のとおり、取り扱いが極めて簡単な上ほかに類のない経済性、耐久性、優美、安全性を兼ね備えたオイルヒーターです・・・というのが、売りのこのストーブ。説明書の内容も至極簡単なものです。芯の取替え方法まで載ってはいるものの、普通の人が見ても自分で交換するのはほぼ無理だと思います。あまりに簡素な説明。日常的に行う簡単なお手入れ法として以下のような文面がありますので抜粋して掲載しますと・・・




パーフェクションオイルヒーターの上手なご使用法

「玉磨かざれば光らず」のたとえ通りどんな名器もお手入れは必要です。完全という意味のパーフェクションオイルヒーターを日常のごく簡単なお手入れとご注意でパーフェクトにご使用ください。

1、芯を長持ちさせるためには油を切らさないことが第一の条件です。一日1?2回位時間を定めて給油するのも一方法です。この方法で四年間唯一本の芯で過ごした実績をお持ちの方がたくさんおられます。(こけし注*時間を決めて毎日給油するといいっていうのは・・どうかなぁ。芯の持ちにはさほど影響しないと思いますけどね。それより正常炎で使うことの方が大事だと思う。まともに使えばたしかに4年は使えます。)

2、ヤカン、鍋等をヒーターの上に置くときは十分に注意しましょう。ヒーターを傷つけたり沸騰したお湯がこぼれてガラスにヒビを入らせたりすることになります。(こけし注*ネットオークションなどでガラスにヒビの入ったものが出品されていますが、それはこのように上に乗せたものの吹き零れでしょう。ホーローははがれてくるし火力が強く吹き零れやすいので個人的にもヤカンなどを載せるのはお勧めしませんね。)

3、給油のときにスプレッダーやギャラリーの煤やほこりをまめに払いましょう。石油缶のそばにブラシ、軍手、布切れ等をいつも用意しておきましょう。

4、耐熱ガラスが曇ったときにはヒーターの上部を倒し遮熱板の丸い穴から手を入れ、布でおふき取りください。




と、以上です。要は日常のお手入れは、芯周りのギャラリーとスプレッダーの煤とほこりを取るというのが一番だと書いてあります。いずれも網状の部分なのでハブラシのようなもので払ってあげるといいでしょう。説明書には以上ですが、ワンシーズン使った位になると、芯の上部にも煤状の燃えカスのようなものがぽちぽちと出てきますから、これも鋏でカットしてあげると正常な燃焼を助けます。

いずれにしてもアラジンほど掃除にも手間がかかりませんので使いやすいストーブだと思います。不精な人にはアラジンよりもパーフェクションのほうがいいかもしれませんね。





[ TB*0 | page top
ストーブ使い初め
一気に寒くなりましたね。今日急いで灯油を買いに行って、押入れにしまっておいた石油ストーブを出してみた・・・なんて方も多いことでしょう。どうでしょう。どきどきしませんか?なんとなく面倒で今年の春ごろにお手入れせずにビニールだけかぶせて押入れに突っ込み、なかったことにしていませんか?もし、使いっぱなしで収納してしまった人は、まずお掃除からはじめましょう。







まずは一番流通量が多いと思われるアラジンストーブの掃除。

説明書をお持ちでない方も、日本エー・アイ・シーのホームページhttp://www.aladdin-aic.com/を見ると掃除のしかたもちゃんと載ってます。しかも、週に一回以上の掃除を推奨しているところが他の石油ストーブと違って神経質なところです。構造上、内炎板と外炎板にほこり等が溜まりやすいのです。

毎日使っていると、部分的に、ぴょこっとオレンジの炎が出ているという状態になってきます。これはもう不可避ですが、ブラシでほこり、ごみを取り除いても改善しない場合があります。


そんな時どうするかというと

gazou 7806
これ。しんクリーナーまたの名をウイッグクリーナー。を使います。

この部品自体は日本エー・アイ・シーのHPでも量販店でも購入できるようですが、使い方がちょっと・・・文章で説明するのが難しい。要はへこみにあわせてクリクリと回転させると,アーラきれいにごみがとれっちゃった!!!となります。



ちなみに、上記のは現行品アラジンのクリーナーですが

gazou 7813
15型など古いタイプにはこの鉄製のものがあります。


とにかく、アラジンは掃除!そうじが大事!


きれいになったところで、灯油を入れましょう。できれば新しい灯油を使用してください。今年の春ごろに買ったものであれば使えないこともありませんが、多少の嫌なにおいは我慢しなければならないでしょう。2年以上前とかは駄目です。ちゃんと捨ててから新しいのを給油しましょう。そして給油してから一時間ほど置いて、芯を上げてください。灯油をしみこませるためです。もし、ハンドルを回しても堅い、出てこない、などというときは無理に回さないでください。錆がきていて、芯が固着している場合があります。無理に回すとギアが壊れて使えなくなりますので、分解清掃が出来るところに相談してください。
[ TB*0 | page top
水屋入荷のお知らせ
秋晴れ、良い気候ですね。たまには動物園に行きたいなぁ・・・。




昨日、新しく水屋入荷してます。

gazou 12132
おなじみの2段式セパレートタイプです。木目が2色で可愛らしい印象です。


gazou 12134
上段の引き戸は楕円になった飾り戸がおもしろいです。


gazou 12133
書斎机などにも見られる、シンプルな金具を使っていない取っ手。木なので手へのなじみがよろしいようで。


gazou 12135
真ん中、テーブルも引き出せます。
[ TB*0 | page top
DATE: 2008/11/12(水)   CATEGORY: 雑文
心に留めたこと
●ダライラマ法王が来日の折りに、筑紫女学園で公演をなさったこと。


●ビッグイシューの販売員の方々はこれからの季節寒さとの戦いを無事に乗り切って欲しいと思うこと。



●地球温暖化のために具体的に出来ることを提案し形づくる行動力に敬意。more Trees



●友人に聞いたチームむかご。むかご大好き。庭に出た山芋の蔓は今度から抜きません。



●買うならフェイクファー。http://www.no-fur.org/



●古道具をリ・サイクルの軌道に乗せてると思えばエコロジーなことだなぁ・・・と思うこと。




最後にA FREE TIBET and FREE CHINA
[ TB*0 | page top
プレスガラス入荷
先日は古い吹きガラスをご紹介しましたが、プレスガラスも入荷してます。店頭で同じケースの中に陳列してますのでどうぞ実物をごらんくださいませ。



gazou 12081
西新の蜂楽饅頭で食べられるコバルトアイスの色に似てます。氷皿。

gazou 12084
むむむ、無言の美しさ




gazou 12083
同じく氷皿。

gazou 12082
光に透かしてみるといろんな表情が見えて楽しいです。古いガラスは。




吹きガラスのつるりとした触感とは違って、手を切りそうなほどギザギザガリガリしている部分もありますので、好みは分かれるところでしょうね。いずれにしても見ているだけでも楽しめるものです。









おまけ
つづきを表示
[ TB*0 | page top
商品入荷のお知らせ
本日は立冬でしたが、なんだか蒸し暑く感じるほどで温暖化をひしひしと体感しますね。最近入荷の商品をご紹介してゆきます。




gazou 12077
書斎机。当店に今まで入荷した中で一番立派かもしれないですね。


gazou 12078
引き出し全部に鍵がついているのと、取っ手がすごい。引き出しも、奥行きの幅と同じ長さで収納力も抜群です。全体の木目もいいですね。素材がいいのでこの大きさの机だとは思えないほどの重さです。


gazou 12079
ちゃんと鍵もあります。







gazou 12080
踏み台付丸イス。






gazou 12086
トルソー。





gazou 12087
サイドテーブルに、小机。このテーブルは脚が可愛らしいですね。





gazou 12088
観音開きの棚。

gazou 12089
シンプルなつくりで和室、洋室問いません。




gazou 12091
大きな丸ちゃぶ台。デッドストックです。

gazou 12090
美しいです。最近、ちゃぶ台をお探しの方結構いらっしゃいます。デパートなどでもたまに売ってますけど5万円くらいしますね。ちょっと高価ですね。

gazou 12093
古いちゃぶ台でよくあるのが、ぐらつきです。脚を立ててみると右に左にゆらゆらと・・・それというのも脚の部分は木を突っ張っているつくりなのでくり返し使い込むことによってこの部分が磨耗したり釘がゆるくなったりで、ぐらぐらになってきます。当店では釘を打ち直したりすることで多少のぐらつきは補正して販売していますが、これはデッドストックなので、キュキュッと音のするくらいの嵌りのよさ。新しい博多帯を締めるときの快感に似てます。







gazou 12085
ステンドグラス調の照明。マダムの枕元を美しく照らします。
[ TB*0 | page top
DATE: 2008/11/06(木)   CATEGORY: 雑文
おしゃれの季節
すっかり秋らしくなり、和服を着ていても心地よい季節となりました。今日はきものまわりあれこれの個人的な話をします。



まずは避けて通れないクリーニングの話。
骨董市などで古い着物を買うのが好きな人は、絶対に洗いますよね。安く買ったものなら絹でも思い切って自分で洗うのも選択肢の一つだと思いますが、しぼの大きな縮緬は100%縮みますから避けたほうが無難でしょう。綸子や紬の類は単はもちろん袷でも仕立てがよければ意外と洗えます。ただ、脱水は絶対に洗濯機で行わないことがコツですね。

そんな冒険したくない人は、クリーニング店の丸洗い、いわゆるドライクリーニングという方も多いでしょう。私の経験によると、袷の着物はほぼ袋が入ります。白洋舎の丸洗いは、仕立て直さないときられないほどに縮んだり袋が入ったりします。単衣の場合は、ほとんど大丈夫ですが、薬院のワカナクリーニングに出したときは、裾が波打って背中心の折り目がずれているというひどい状態出戻ってきました。しかもそのことについて電話で問い合わせても担当者がいないのでわからないとか、みなさんその状態でもクレームがついたことはないといった対応をされました。事後対応に問題があると思います。大きく「きもの洗います」などと看板を掲げているところでさえこのような状態ですから気をつけなければなりません。

安心なのは洗い張りや染めものをしているお店、染めの○○、などの店名のお店ですね。雑誌などでは悉皆屋さんなどと紹介されていますが、年配の方に聞くと九州では悉皆ということばはもともと浸透していないようです。料金が心配になるかもしれませんが、生洗いで7000円から9000円くらいです。白洋舎のドライクリーニングでも7000円ですから、さほど変わりませんね。ドライクリーニングでも安いところは2500円から洗ってくれますけど、袷の場合は安心料と思って染物屋さんにお願いしたほうが結局安上がりかもしれません。

先日薬院の、浅井染色研究所に袷の訪問着を出してみましたが、価格は丸洗い9000円と染み抜き10000円で税込み総額19950円でした。期間は1ヶ月ほどといわれていましたが、3週間で仕上がってきました。肝心の仕上がりは、シミが一箇所落ちていなかったけどプレスも(もちろん)美しく、袋も入っていませんでした。ただし受け渡しの時に落ちないシミがあったことを知らせてくれなかったことには不信感を抱きます。

わたしのまわりの諸先輩方に一番人気の杉本屋、こちらには全体に白っぽいカビの生えた濃紺地の付け下げをお願いしたことがあります。気になるお値段は8000円。こちらは文句のつけようがないほど美しく生まれ変わったようになりました。


と、店名まで明らかに記載しましたけれど、これらの店は私が実際に頼んでみた感想を率直に述べたものです。値段との折り合いやお店との相性もあるとおもいますけれど、いざ確実にきれいに仕上げたいというときにあわてないためにも日頃からいろいろとあたってみると良いと思います。









つぎは、履物の話。

個人的に関東(東京)の履物が好きです。着物もそうですが履物も好みが関東と関西ではかなり異なります。歩きやすいとして小判型のぼってりした台が最近は人気ですが、私は昔ながらのすっきりした細型の足がちょっとはみ出るくらいの華奢な台が好きです。


骨董市にも古い履物がいろいろ売ってますが、台は未使用で鼻緒だけが古臭くなっているものもありますね。中には畳表の下駄が500円くらいで手に入ることもあります。新品の畳表の履物はとても高価なので、鼻緒をすげかえればとても素敵なものになります。また下駄なども昔のもののほうが材質や塗り(本物の漆塗りの下駄も昔はありました)もよく未使用品も良く見つかるので掘り出し物探しにはもってこいです。

ただし、手持ちの履物の鼻緒だけを交換してくれるお店が少ないのが難点です。わたしが高校生のときには、中州の川端商店街の中にある履物屋でおじいさんに替えてもらった事があったので、行ってみたのですが、娘さんらしき女性に代替わりしてもうすでに和装の履物の問い扱いはやってないとのことでした。諸先輩方に聞くも、みな一様に昔はたくさんあったけどねぇ…とのお答え。福岡で、鼻緒のすげ替えができるのは現在博多座の裏手と箱崎の2軒のみのようです。難儀な世の中になりました…






きものまわりのあれこれ、みんなどうしてるの?という疑問はたくさんあるのですが、身近な人に聞いても欲しい情報が得られないことが多々あります。ご参考になれば幸いです。
[ TB*0 | page top
DATE: 2008/11/05(水)   CATEGORY: 雑文
うちの女優
突然ですが、うちのニャンコ様の名前は・・・おいなりです。

初めてご覧になった方は、「えー、茶色じゃないのね。」と仰るかたもいらっしゃる。いえいえ、いなり揚げの色じゃなくって、白狐のお稲荷さんのほうからお名前頂戴しましたもので。嘘じゃあないんで。

gazou 12073
保険証にもこのとおり。



而して、おいなりさんに女優オファーがあったまでは良かったのですが、いざ撮影となるともう、大変でした。ニャーといわねばならぬところで、見事にだんまり。うんともすんとも言いません。ああもう、見ているこちらがぐったりです。




おいなりさんが出演するかどうかはわからないけど・・・映画はこちら。日仏交流150周年記念作品 映画「Tchindon ちんどん」公式ブログ  



gazou 12070
もちろん一番疲れたのは、おいなりさんでしょうけど。
[ TB*0 | page top
商品入荷
引き続きご紹介を。


gazou 11994
古いビールグラス。古いガラスは口当たりもやわらかく同じ飲み物でも味が変わって感じられるほどです。おためしあれ。

gazou 11995
ユニオンビール。




gazou 12009
白山陶器の一輪挿し。底面に工夫があって、剣山なしでもきちんと花が立つようになってます。



gazou 12010
コーヒーメーカー。ベトナム式と同じですね。粉が残って飲みづらいはず・・・

gazou 12011
でも、蓋がガラスでかわいい。




gazou 12015
ガラスのカップ&ソーサー。プリントがキッチュ。




gazou 12012
ユアサタイムスイッチ。

gazou 12013
置時計兼用タイムスイッチです。

でも、タイムスイッチってなに?という方のほうが多いでしょうね。gazou 12069


奥様の一日は東芝タイムスイッチではじまり・・・おわる。って言うキャッチコピー。たとえば、ラジオやテレビ、電気がま、ポット、ストーブなど様々なものにセットしておけば、ご希望の時間に電化器具のスイッチを入り、切り。電気の無駄をなくすというものです。現在はほとんどの家電製品に最初からついているタイマー機能ですね。消えてなくなった商品のはずです。



gazou 12022
セロハン色のカラフル小皿。これもアデリア並みに当店では定番化しています。




gazou 12025
2色のカラーがカワイイオーブンウェアです。グラタン?ドリア?焼きカレーもいいかも。



gazou 12024
くろんぼ灰皿。おっぱいのトンガリ具合が格好よし、且つうらやまし。



gazou 12033
ケロちゃん、新旧大量入荷してます。十指にといわず、足の指まで20匹嵌めてください。



gazou 12027
ブルーの氷皿。



gazou 12028
灰皿。




gazou 12026
お子様の教育に。外国語絵本。



gazou 11974
ちっこい角が生えたおじさんの置物。これ、買う人いるのかなぁ・・・



gazou 12019
木の看板。戦後、GHQに接収された家にかかっていたもののようですね。







[ TB*0 | page top
最近の入荷商品ご紹介
本日、文化の日。世間は3連休最後の日となっておりますが、当店は店休日でございます。







本日掲載分は、最近入荷した商品ですが、売約になってしまったものも多数ありますのでご参考までに掲載しておきます。

gazou 11976
ちびこけし、大量入荷してましたが・・・半分くらい売れてしまったと思います。

gazou 11905
こんな顔の人、友達に一人や二人は居そうな・・・タンブラー。


gazou 11949
コースターとお盆のセット。

gazou 11990
仲良しふたり。

gazou 11964
灰皿。

gazou 11980
バケツ。たくさん入荷してましたが、あっという間に残りひとつに。世の中はバケツブームなのか?

gazou 11986
ちび状差し。

gazou 11988
大ぶりの本立てですが、売約。






つづき・・・

つづきを表示
[ TB*0 | page top
商品入荷家具編
早いものであっという間に11月突入。お待たせのミシンテーブルも入荷してます。


gazou 12039
天板は明るめの木目。JUKIミシンです。

gazou 12040
先日のNEW BROTERよりも年代がだいぶ新しいのですっきりした仕上がりです。アールのついたところがかわいいです。

gazou 12041
もちろん引き出しつきです。




gazou 11970
ミニ鏡台。



gazou 11973
きわめてシンプルなデザインの灰皿。



gazou 12016
久しぶりに大きな総ガラスケース。




gazou 11967
たまには電気ストーブ。

gazou 11968
ナショナル製。ハロゲンヒーターよりかはイカシタデザインだと思う。



gazou 11975
ガラスのドアノブ。ドアノブの場合は蛇口などと違って比較的簡単に自分で取り替えられるので、模様替えにおすすめ。




gazou 12029
野良猫ちゃんもシャットアウト。蓋付ゴミ箱。




gazou 12017
2段の収納棚。

gazou 12020
特に食器棚用というわけでもないので、本棚でも収納棚でも用途に応じて。

gazou 12018
鍵もかかるし、地震に強い引き戸。


ミシンをテーブルにするように、またガラス瓶をコメビツとして使うように如何様にも使う人の勝手ですからね。個人的に我が家の場合は・・・
つづきを表示
[ TB*0 | page top
ストーブ祭り
ストーブ各種、いろいろ入荷してます。


gazou 12035
まずは、今年もかわいい女性に人気のアラジンのアイボリー。これは25型です。

gazou 12036
天板も全体的にきれいですね。

gazou 12037
25型となると、つまみもプラスチックになってしまいますが、

gazou 12038
燃料計のデザインがすっきりしているので、個人的に好きです。




gazou 12042
今年2度目の入荷、パーフェクションのハーベスト。

gazou 12043
塗装のはがれもほとんどなくかなりの美品です。

gazou 12052
火をつけると、照明の代わりになるくらいの明るさです。冬の団欒に。




gazou 12050
そして、バーラーの白です。

gazou 12051
なんと言っても、この赤い覗き窓がそそりますね。



gazou 12056
これも再入荷。小さいバーラー、バラレット。

gazou 12057
開けてみると一目瞭然に、芯の口径がちいさい!こうして、数箇所に点火してあげますと・・・

gazou 12059
美しいブルーフレームに。ただ、覗き窓も非常に小さいので、消し忘れに注意。



このバラレット、どのくらい小さいのかというと・・・gazou 12062


普通のバーラーと比べるとこのくらい。おちびさん。暖かさもそれに比例して薄ぼんやりしたものです。




gazou 12054
そして最後は、日本代表のニッセン。タンクは渋めの柿茶色です。

gazou 12055
天板はきれいなんですが、燃料計とつまみのギアに難ありのためお安く提供しております。なんと言っても暖かさでニッセンの右に出るものはありませんからね。寒がりのかたに。





おまけに珍しいストーブを・・・






つづきを表示
[ TB*0 | page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ