古道具のささや

Archive2007年11月 1/2

夫のしごと

今日は夫の仕事ぶりをちょっと紹介しようと思います。こんな、ペンキ塗りのガラスケース枠。このままでも良いじゃないかと思われるかもしれませんが・・・ちょっと剥がしてみると、立派な楢材のきれいな木目が。ブーンっと。粉まみれ。所要時間3時間弱。とってもステキなガラスケースに。せっかくのいい素材なのにべったりペンキ塗りではあまりに可哀相。木製家具類の修理、お手入れはどの程度までするのかが難しいところだと思い...

  •  -
  •  -

目のこけし、ならぬ目の肥やし

No image

わたくし妻が居眠りしながら一生懸命書いているこのつたないブログをご覧になった方からお問い合わせを多数頂き、もうほんとに感謝感激、ヒデキも感激するなら、こけしも感激。でございます。当店の石油ストーブの販売価格は12,000円から38,000円くらいまでです。アラジンは流通量が多いので必然的に価格は安いものもご用意できます。芯が残り半分あって交換するまでもないというものや、塗装の損傷が激しいものは安くなります。パ...

  •  -
  •  -

あなたのストーブ、芯交換時期ではありませんか?

No image

たまに、ヤフーオークションにて真っ黒になったストーブを見かけます。どういうことかというとパーフェクション、バーラーに多いのですが、筒の中が真っ黒ということです。これは、煤が発生したためですが、なぜ煤が発生したのかを考えないで、壊れたとかもう寿命だと思ってしまう方も少なくないようです。石油ストーブはそんなに簡単には壊れません。どつきまわして馬乗りになったりしない限りは。煤の発生は、灯油の不完全燃焼か...

  •  -
  •  -

14時開店のひ・み・つ

No image

当店は14時開店です。遅い・・・とお思いですか?そのわけは、午前中は寝ているから・・・・ではありません。断じて違いますよ。ほとんどの方が、当店の開店時間を知って「いいですねぇー、ゆっくりで。」と仰いますが。わが夫はとても早起きです。朝5時ごろには起きています。そのあとはお昼過ぎまで作業、もしくは仕入に向かいます。古物業界では、市場、競り(せり)と呼ばれる集まりにてオークション形式で商品を仕入れるのが一...

  •  -
  •  -

白パーフェクション入荷のおしらせ

No image

今年も大人気、パーフェクション定番商品とは一味違う・・・白パーフェクション入荷。当店では初めてです。なかなかいい顔してます。天板は一箇所はがれがありますが、全体に美品。これ、スタンダードタイプと一緒に写真を撮るのを忘れてしまったのですが、だいぶ大きいのです。タンクと芯はスタンダードと同じものですが、ガワタンだけがデカイ。せいたかのっぽです。タンクも芯も同じものなのであたたかさはスタンダードと変わら...

  •  -
  •  -

我が家のキンチャクキリストーブ

今日は、我が家の石油ストーブをご紹介します。国産昭和金属工業製ブルーファイアー。通称ピンクちゃん。(我が家だけの呼び名)この、ブルーファイアー、何かに似てませんか?そうです、アラジン。これでも改良版のほうなのでカラーリングがピンクとアイボリーのツートンカラーというのがなんともキュートなストーブなんですが。初期のころのブルーファイアーは本当に色から形までアラジンのIRにそっくりなものでした。1960年ごろ...

  •  -
  •  -

新商品入荷

変な顔のねこねこねこねこねこ鎖でつながれたシュールなリスの親子はだかんぼうのキューピーの群れ和製ムンクの叫び土人形ガオーガオー...

  •  -
  •  -

石油ストーブの危険な使い方

No image

さて、今まで石油ストーブの良いところを沢山ご紹介してきましたが、正しく使用しないと事故につながります。では実際にどのような事故例があるのかご紹介します。以下日本石油燃焼機器保守協会の資料から抜粋。事例1  ストーブの残り火に灯油がかかり、引火し、火災となるこれは、パーフェクションやバーラーなどタンクが取り外しできるタイプのものに多い事故です。給油後、タンクを本体に戻す際にキャップがきちんと閉まって...

  •  -
  •  -

どしどし新入荷

立て続けに新入荷。ブログでは紹介しきれない分もありますのでお近くへお越しの際はお店にお立ち寄りくださいませ。いろいろおもしろいもの入荷してます。ステキな鏡。POLAです。美しくなれそうです。ワンコ本立て。テリアですね。2匹で力をあわせます。ステキな書体の郵便受け口。やっぱりむかしのものは格好が良いです。純銀製の蘭?の置物。広がる根っこがオブジェのようです。むかしのレジスター。外側はもちろん、中まで...

  •  -
  •  -

新商品入荷

日曜日は本当に予報どおり寒かったですね。毛布をかぶって居たいくらい。こんな感じで。手も出さず。18日新入荷分をいくつかご紹介。当店では珍しいタンス。着物でも洋服でも。足つきガラスケース。落ち着いた高級感のある色合いです。小引き出し。そのほか木製家具がいろいろ入荷してます。こんなきれいなガラスの小皿も。見るだけでもきれい。当店では食器類はばら売りなのでひとつ、ふたつ購入なさる方が多いのですが、食器類に...

  •  -
  •  -

さのさ

No image

なぁんだ なぁんだ なんだぁねぇーあんな男の ひとりや ふたぁりー欲しくばあげましょ のしつけてアーラ とはいうもののねぇ あのひとは初めてあたしが ほれぇたひぃとーこれ、読んで何だかわかる人も少ないかなぁ。さのさです。さのさ節。明治の終わりごろから大正初めにかけてとてもはやった歌です。基本的な旋律は同じでいろいろな歌詞で歌われますが、石川さゆりさんが歌っているのをたまたま夫が聞いたらしいのです。...

  •  -
  •  -

アラジン39型入荷ストーブ入門編

現行品と同じ型のアラジン39型のグリーン入荷。当店では、15型から現行品までアラジン新旧取り揃えておりますので、如何に現行品のデザインが陳腐であるかわかるようになっていますが。それでも安全性、耐久性からいえばこのタイプも石油ストーブ入門編としてはおすすめします。ぴかぴか。同じ39型のアイボリーもじきに入荷予定。...

  •  -
  •  -

白バーラー入荷のおしらせ

先日ご紹介した、黒バーラーの色違い入荷です。バーラーと言えばほとんどこのタイプですね。ボディが白で、天板とタンク下の部分がグレー。のぞき窓は赤です。まぁ、きれい。天板も比較的美品です。やっぱり、黒バーラーと比べると上品で愛らしいです。無難なカラーリングも現在の日本のマンションに一番しっくりくるのではないでしょうか。今週末から寒くなると天気予報でくり返し言っているせいか、急にストーブが売れ出しました...

  •  -
  •  -

新商品入荷のおしらせ

当店は随時商品入荷がありますので、まめにお立ち寄りくださいね。よくよく見ると、魚のあぶり焼き。こんなコマーシャルがありますよね。お酒の。どーんと、どうですか?油絵なんか飾ってみたり。銀製カモ。かも?じゃないですよ。銀製です。重たいですよ。動物つながりで、いのしし。さらに動物つながりで、ビクター犬。先日ご紹介した大阪万博のビクターわんこ灰皿と並べて。ちょっとファンシーな感じで。キューピー。対する、ア...

  •  -
  •  -

アラジン、お掃除してますか?

今日は、アラジンストーブを使いこなす上でもっとも大事な、お掃除について。説明書をお持ちでない方も、日本エー・アイ・シーのホームページhttp://www.aladdin-aic.com/を見ると掃除のしかたもちゃんと載ってます。しかも、週に一回以上の掃除を推奨しているところが他の石油ストーブと違って神経質なところです。構造上、内炎板と外炎板にほこり等が溜まりやすいのです。毎日使っていると、部分的に、ぴょこっとオレンジの炎が...

  •  -
  •  -

猫の茶碗

むかしは、アワビッカイで飯を食わす。などと言いましたが、いまどきアワビの貝殻にお飯を入れて猫にえさを与える人はあまり見かけません。これ、我が家のおねこ様のご飯茶碗です。杯洗、といってお猪口を洗ったりするやつです。今でも宴会の席などでは使いますが。うちのは、金彩もなにもぺろぺろなめて取れてしまっています。深さもあり、高さもあるので大変におねこ様には都合がいいようで、食べこぼしもありません。さらに漆の...

  •  -
  •  -

夢の小机

狭いお部屋でも、楽?に使える!!!   と、どこぞの通販のような。大変にコンパクトな、一見、小引き出し。ところが、あれよ、あれよと言う間に、なんとも便利な文机の完成。あと、どうしてもご紹介したいものがございましたが・・・...

  •  -
  •  -

新商品入荷のおしらせ

こんなの、どうでしょう。幸せになれそうです。乙女心をくすぐられる、本べっ甲のお粉入れ。つやつやです。外国の蝶々でしょうか。これも、乙女に。最近は、カフスをつけている男性をあまり見なくなりました。男も女も色気は末端に現れるものだと思うので是非とも、復活させたいカフス文化。またもや、男のロマン入荷。これは青ペンキ塗りなので、女性にも好まれそうです。こんな、ぼろな感じのものも好きな方が多いようですね。ジ...

  •  -
  •  -

ニッセンのトラブル110番

ニッセンストーブの IS3 フリージアを使っているとよく出くわすトラブルがあります。...

  •  -
  •  -

新入荷のおしらせ

今回はちょっと、古道具屋らしい正統派のご紹介を。ご存知ビクターわんこの灰皿。大阪万博編。カラーリングがなんとも。鮮やかで美しいです。ビクター犬の困ったような顔も。そしてこちらも有名な、柳原良平のトリスおじさん。爪楊枝入れになっています。ちなみに、最近の若者はウイスキーを飲まないそうですね。消費量が年々落ち込んでいるそうで。夏はハイボール、冬はホットウイスキーで楽しめるのにね。みんなもっと飲んでね。...

  •  -
  •  0