ハロウィンによせて

かぼちゃ祭り、ということで何かないものかと店内で探しましたところ。
意外な大物がございまして。

gazou 7785
かなりの大きさです。

gazou 7786
猫を入れても良し、頭をつっこんでも良し、そのまま食卓へ出しても良し。
万能かぼちゃ。

グリッピトーク&トーク

すみません。今回は古道具に関する話じゃありません。

さる10月28日日曜日にイムズホールにてグリッピトーク&トーク。いとうせいこう柳生真吾対談を見に行ってきました。

友人のいとうせいこう好きが伝染してわたくしも好きになってしまったのですが、この日は何といっても柳生真吾氏の魅力に参りました。皆さん、ご存知でしょうか?NHKの趣味の園芸の司会をしている方です。ちなみに柳生博氏の息子さんです。

八ヶ岳に雑木林をお持ちなのですが、そこに咲いている珍しいお花や木の写真などスライドで見せていただき感心しました。とくに、雪割草(ゆきわりそう)のかわいらしさに感激しました。
本来、八ヶ岳あたりで咲くお花じゃないそうで温暖化を身近に感じると仰っていました。

あと、印象に残ったのは しかけ系のお花。 福寿草とか飯子菜(ままこな)など、虫を呼び寄せるための様々な努力。努力。うーん、耳が痛い。お二人の、「こんな至れり尽くせりの人いないよ」とのことばに、女としてその姿勢は見習わなければと思いました。

肝心のいとう氏は・・・とっても声が素敵な方でした。小唄をやっておられるそうですが、きっといい声で唄うんだろうなと。

いとう氏はベランダーとして「PLANTED」
PLANTED ( プランテッド ) #5 (毎日ムック)PLANTED ( プランテッド ) #5 (毎日ムック)
(2007/09/26)
不明

商品詳細を見る
の刊行にも携わっておられます。是非ご一読を。




最後にグリッピ。
gazou 7793
子どもに大人気。グリーン&ハッピーだそうです。

新商品ちょっと入荷

gazou 7737
うさちゃん
gazou 7738
はとちゃん
gazou 7745
だ・る・ま・さん

端唄に棚のだるまさんって言う唄がありますね。

gazou 7744
貫禄あり。でも、これ。豆だるまさんです。小さい。

博多きものパスポート

10月1日から11月いっぱい、博多きものパスポートなるものが開催されいてますね。昨日知りました。http://www.nishinippon.co.jp/webclub/kikaku/kimono/

着物を着て、ダウンロードしたパスポートを提示するとサポート店で様々な特典が受けられるというものです。街中で着物を着た女性を沢山見られるのは良いことだとおもいます。美しければなお良し。

このイベント、きものの似合う町並み博多を謳っていますが、福岡はあたらしもの(新物)の好きな博多っ子の町だけに、古いものがほとんど残っていませんね。博多区の一角くらいですから。現在も再開発(という名目)で箱崎、須崎、渡辺通りうら辺りはどんどん古い建物を壊してますしね。京都でさえも京都駅をはじめ、ビルだらけで驚きます。まあ、景気が良いということでしょうか。

その点、長崎市街地や岡山の倉敷あたりは、ふらふら歩いていてもまだまだ古い情緒ある建物が残っていると思います。しかし地域経済に活気があるかといえば・・・一挙両得は難しい。



そんなことより、着物の話。
着物を着る人にとって必ず悩みの種になる、着たあとの着物の始末。

薬院のawaiを引き継いだお店のようですが 博多織専門店 きもの博多一十http://hakata110.com/にて、きもの丸洗いキャンペーンをなさっているようです。通常1枚7350円が3990円に。しかも一人何枚でも良いそうなのでお得ですね。

洗い張りや丸洗いをしてくれるお店もいろいろとありますが

続きを読む

おもしろがりはどこへいってしまったのか?

大名の古道具屋の悪徳家店主がポロリとこぼしていました。



「一体、おもしろがりはどこへ行ってしまったのだろう・・・」 と



十数年前の大名は今のようにたくさんの人が歩いてはいませんでしたが大変におしゃれな男女が行き交う素敵な街でした。当時は悪徳家で売れていた商品も大変におもしろいというか、ちょっと変わったもの。一体こんなもの何に使うのかというようなものが売れていたそうです。



バブル以後、嗜好品や本の売り上げががっくり落ちたそうです。大人の余裕やたしなみ、教養といった心の財産よりも目に見える財産のほうが優先されているということでしょう。


そんな現代の風潮に一石を投じる本。

どこかにいってしまったものたちどこかにいってしまったものたち
(1997/06)
クラフト・エヴィング商會

商品詳細を見る


発想、コンセプトが抜群のおもしろさです。古道具好きは是非ご一読を。

続きを読む