古道具のささや

Category石油ストーブの話 1/27

石油ストーブの修理と整備、ニッセンフリージア編。

今年はニッセンのストーブ、とても人気がありますね。インスタ映えするのでしょうか…今回お預かりしたのはニッセンのIS3、フリージアです。5年前にも弊店で芯交換したものです。そろそろススが出だしたので芯交換と分解整備にて再び承りました。 結構なスス。アラジンストーブの場合は、燃焼時の炎が青であればススが出るということはありませんが、燃焼時に炎がオレンジのもの、例えばニッセンのストーブ各種や米国のパーフェク...

  •  -
  •  -

石油ストーブの修理と整備、フジカペット編。

去年末から年をまたいでお預かりしていたフジカペットKSP-222。間違いなく去年一年間の中で一番手強いストーブでした。 久留米のお客様からのご依頼で、ヤフオクにて落札したストーブだと言うことでした。持ち込んで頂いた時は外装を綺麗に磨いてくださっていたのでメッキ部はピカピカです。さほど状態は悪いように見えませんが…点火時にものすごく嫌な臭いがするということでした。 まず分解して少量の灯油でタンク洗浄。タンク...

  •  -
  •  -

石油ストーブの修理と整備、アラジネットⅡ編。

石油ストーブの整備のご依頼で一番多いのはアラジンストーブですが、そのほかもろもろ変わり種もあります。国産のメーカーのストーブで、生産時期が短いものなどは替え芯が入手できないことが多いのですが、純正芯が生産終了しているものでも、現行品で芯の代用が効くものについては、代用芯での芯交換を承っております。本日のストーブは、アラジネットⅡ。赤タンクと白タンクの2台分です。外側のケースは綺麗なので、内部の燃焼筒...

  •  -
  •  -

アラジンストーブ Before・After

福岡、初雪ですって。どうりで猫もこたつから出てこないはずです…最近は、長く使っていなかったアラジンストーブの整備のご依頼が大変多くなっております。雨ざらしで10年以上…のようなストーブは、事前に表面だけでもお掃除してからお持ちいただけますと助かります…先日お預かりしましたアラジンストーブの38型(左)と37PKD(右)のBeforeです。羅生門の三船敏郎のようにワイルドな外見です。分解整備後のAfter。いかがでしょう...

  •  -
  •  -

石油ストーブの修理と整備、バーラー編。

あっという間に11月も終わりです。今日のストーブは、英国製のバーラー207です。10年ほど前に某アンティークショップでご購入後、点火すると匂いがかなりきつい為そのまま10年放置。灯油は入ったまま…という状態のストーブです。 クリーム色の外観が珍しいですね。10年放置というだけあってなかなかに…   かなりのホコリとススとサビ。しかしもっと怖いのはタンクの中。タンク洗浄時に出てきた灯油は黄色を通り越して緑色。さ...

  •  -
  •  -