「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の「古道具のささや」の旧ブログです。つづきは furudougunosasaya.com へどうぞ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                             
furudougunosasaya               
page top
石油ストーブの修理と整備、ニッセンフリージア編。
今年はニッセンのストーブ、とても人気がありますね。インスタ映えするのでしょうか…


P_20171127_084658.jpg
今回お預かりしたのはニッセンのIS3、フリージアです。5年前にも弊店で芯交換したものです。そろそろススが出だしたので芯交換と分解整備にて再び承りました。


P_20171127_085042.jpg P_20171127_085048.jpg
結構なスス。アラジンストーブの場合は、燃焼時の炎が青であればススが出るということはありませんが、燃焼時に炎がオレンジのもの、例えばニッセンのストーブ各種や米国のパーフェクションなどは、正常燃焼時でも炎がオレンジなので色では判断ができません。芯がなくなってくれば少しづつススが出るようになります。天板等を拭いてみて黒くないかどうか、また使っているお部屋の四隅が黒ずんできていないか、定期的にチェックしましょう。


P_20171127_085108.jpg
全体に分解して洗浄、芯交換をします。

DSCN5592.jpg DSCN5594.jpg
再度組み立てて出来上がり。ガラスホヤが美しいです。小ぶりなストーブですので、暖まりすぎることなく気密性の高いマンションのお部屋ではちょうど良いでしょう。今回の整備は、基本の分解整備料と芯交換で合わせて5000円となります。ご参考くださいませ…
スポンサーサイト
                                             
furudougunosasaya               
page top
石油ストーブの修理と整備、フジカペット編。
去年末から年をまたいでお預かりしていたフジカペットKSP-222。間違いなく去年一年間の中で一番手強いストーブでした。


P_20171218_100524.jpg P_20171218_100532.jpg
久留米のお客様からのご依頼で、ヤフオクにて落札したストーブだと言うことでした。持ち込んで頂いた時は外装を綺麗に磨いてくださっていたのでメッキ部はピカピカです。さほど状態は悪いように見えませんが…点火時にものすごく嫌な臭いがするということでした。

P_20171218_101002.jpg P_20171218_101209.jpg
まず分解して少量の灯油でタンク洗浄。タンク内のサビと灯油が固まったタール状になり真っ茶色。これでは異臭がするのも無理はありません。

P_20171218_112657.jpg
そして洗浄時にタンクの底から勢いよく灯油が漏れてきました。タンクに結構な大きさの穴。落札したお客様はご存知なかったようです。出品時に記載がなければ確信犯でしょう。タンク穴の修理をしてくれるところは少ないですのでオークションでストーブを購入する方は注意した方がいいと思います。

P_20171218_115454.jpg P_20171219_101045.jpg
特殊な薬剤を使ってのタンク洗浄を行うもサビが層になっていて全く取れませんでした。なのでまた別のサビ取り剤(これが結構高価)を使って徹底洗浄。

P_20171225_172032.jpg P_20171225_171922.jpg P_20171226_080858.jpg
さらに細いヘラでサビの層を剥がし、乾燥させます。


P_20171226_100643.jpg P_20171226_100719.jpg
ここまで綺麗になります。

P_20171219_100234.jpg
タンク穴の方は、穴を外からハンダで埋めさらに上からパテ状のコーティングをして塞ぎます。裏面で通常見えない場所であり塗装は色合わせせずタッチアップで対応させていただきました。

P_20171227_083202.jpg P_20171227_083132.jpg
さらにタンク内側はサビを剥がしたことで薄くなっている部分があるため、タンクシーラーでコーティング。乾燥に4日かかります。(ここで年を越す)


通常はこれでできあがりなのですが、完成後点火すると、まだ嫌な臭い。芯とタンク内は完全に綺麗なのでどうもおかしいと思ったら…

P_20171231_095257.jpg
天板をのせる台座部分が再塗装されています。よくみるとラッカースプレーでシルバーに塗っています。高温になる部分に耐熱でない塗料を使うと臭いの原因になりますので絶対ダメです。これもヤフオク出品者の仕業です。

P_20171231_102641.jpg P_20180104_155543 (1)
ペーパーとコンパウンドで塗装を剥がします。最後にシンナーで脱脂。再度組み立てて点火。異常なしで整備完了。



今回の整備は…分解整備基本料、タンク洗浄、芯交換、油量計交換、パッキン交換、タンク穴ピンホール修理、タンク内サビ取り、タンク内コーティング、ラッカー塗装剥離、以上の合計で30780円です。通常は用いない薬剤を2種使いますのでかなり高額になります。ヤフオクで石油ストーブを購入しようと思っている人はどうぞ心して落札してくださいね…




*灯油タンクのピンホール修理は時間がかかりますので4月以降のオフシーズンに承ります。
                                             
furudougunosasaya               
page top
石油ストーブの修理と整備、アラジネットⅡ編。
石油ストーブの整備のご依頼で一番多いのはアラジンストーブですが、そのほかもろもろ変わり種もあります。国産のメーカーのストーブで、生産時期が短いものなどは替え芯が入手できないことが多いのですが、純正芯が生産終了しているものでも、現行品で芯の代用が効くものについては、代用芯での芯交換を承っております。

P_20171123_094729.jpg
本日のストーブは、アラジネットⅡ。赤タンクと白タンクの2台分です。外側のケースは綺麗なので、内部の燃焼筒部分のみお預かりしました。対流式の細くて小さいストーブをロッカーのような四角いケースの中に入れて使う一風変わった石油ストーブです。

P_20171123_094739.jpg P_20171123_094801.jpg P_20171123_094807.jpg P_20171123_094810.jpg P_20171123_095052.jpg
かなりススも出ていますが、芯が固着しており、2インチの芯の金具とウイックキャリアの噛み合わせが悪く、内炎板も凹んでいます。

P_20171123_094930.jpg P_20171123_105351.jpg
作業工程は、基本の分解整備、芯固着はがし、マイカ交換、芯交換、芯金具とウイックキャリアの調整、内炎板の凹み修正です。


P_20171123_134855.jpg
整備後。綺麗なブルーファイヤーになりました。整備代金は1台分で8400円。2台合わせて16800円となります。ご参考くださいませ…
                                             
furudougunosasaya               
page top
アラジンストーブ Before・After
福岡、初雪ですって。どうりで猫もこたつから出てこないはずです…最近は、長く使っていなかったアラジンストーブの整備のご依頼が大変多くなっております。雨ざらしで10年以上…のようなストーブは、事前に表面だけでもお掃除してからお持ちいただけますと助かります…




P_20171123_142232.jpg
先日お預かりしましたアラジンストーブの38型(左)と37PKD(右)のBeforeです。羅生門の三船敏郎のようにワイルドな外見です。

P_20171124_152904.jpg
分解整備後のAfter。いかがでしょうか…見違えるほど綺麗になります。お引き取りにいらしたお客様でさえ、ご自分のストーブだとわからないくらいです。


作業工程としましては、アラジン38型は、基本の分解整備とタンク洗浄、芯の固着はがし。トップカバーの交換、マイカの交換、見えづらい燃料メーターをガラスのものに交換。クラッチハンドル、連結ハンドルを交換。この二つは39型の部品で代用してます。つまみと芯を新品に交換、です。

37PKDの方は同じく基本の分解整備、タンク洗浄、芯の固着はがし。交換部品はトップカバー、マイカ、芯。それと使わなくなった耐震消火装置の真鍮製パイプ外し。

ご参考くださいませ…

                                             
furudougunosasaya               
page top
石油ストーブの修理と整備、バーラー編。
あっという間に11月も終わりです。今日のストーブは、英国製のバーラー207です。10年ほど前に某アンティークショップでご購入後、点火すると匂いがかなりきつい為そのまま10年放置。灯油は入ったまま…という状態のストーブです。


P_20171119_083859.jpg P_20171119_083916.jpg
クリーム色の外観が珍しいですね。10年放置というだけあってなかなかに…

P_20171119_083951.jpg P_20171119_083939.jpg P_20171119_083904.jpg P_20171119_093309.jpg
かなりのホコリとススとサビ。

P_20171119_084258.jpg
しかしもっと怖いのはタンクの中。タンク洗浄時に出てきた灯油は黄色を通り越して緑色。

P_20171119_100211.jpg
さらにタンクの底に溜まったヘドロのような物体。通常は1回で済むタンク洗浄も今回は特殊な薬剤を使って繰り返すこと3回。

P_20171119_084130.jpg P_20171119_084153.jpg
芯も固着しており、真っ黒に変色していました。全ての部品を外して洗浄、芯も交換します。






P_20171119_113016.jpg P_20171119_113029.jpg
そしてこちらが分解整備出来上がり。綺麗なブルーファイヤーになりました。正しい状態で使えば石油ストーブの匂いは微々たるものですが、お客様曰く、買った時から燃焼時は炎がオレンジでかなりの異臭がしたということですので、おそらく購入時には古い灯油が入っていて芯も古いままだったと思われます。


今回は基本の分解整備、タンク洗浄3回、外炎板の周りのホコリとサビを綺麗に落として芯を新しいものに交換。合計で10600円となります。ご参考くださいませ。






                                             
furudougunosasaya               
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。