「古道具のささや」
福岡市中央区平尾の古道具屋です。antiqueからvintageまで、日本の古道具、家具、器、石油ストーブ、思いもよらぬモノ、など多数品揃え。商品の入荷案内を中心に古いものにまつわる話あれこれ綴ります…。猫を連れてのご来店大歓迎です。
石油ストーブの修理・整備について
去年から石油ストーブの修理に関するお問い合わせが急増しておりますので、石油ストーブの修理と整備について再掲載しておきます。


昨今ではいわゆる町の電気屋さんがなくなってしまい、ずっと以前に買った石油ストーブを使おうと思って出してみたけどこのまま使えるのかどうかわからない、という状態の時に相談できるところがなくなってきています。大手家電量販店では自分の店で売ったもの以外は面倒を見てくれないことも多く、ネット検索で弊店のブログにたどり着く方が多いようです。

弊店では石油機器技術管理士の資格を取得している店主がストーブの修理、整備を承っております。
DSCN3124 (1)(個人情報保護のため生年月日は一部消去しています)


冬の初めが一番お問い合わせが多くなりますが、通年で修理および整備は承っております。初めての方はまず、お電話にてお手持ちの石油ストーブの状態をおしらせくださいませ。燃焼状態に不具合がある場合や、明らかにお手入れを怠っていて手に負えない状態の場合などその旨お伝えください。ある程度お電話にて状況の把握ができますから、おおよその修理代金はお伝えできます。その後、修理および整備をご依頼いただく場合は詳細に御見積いたしますので、ストーブ本体を店頭までお持ちください。なお弊店に於けるアラジンストーブの整備料金は以下の通りです。

     石油ストーブ整備工賃(2017年1月現在)

    分解清掃            ¥5000
    芯交換工賃(芯代金別途)      ¥1000
    アラジンマイカ交換(マイカ込 )   ¥1000
    アラジンタンク清掃        ¥3500




具体例として、アラジンストーブの分解整備をして芯を新しいものに交換した場合、総額で8625円となります。替芯や天板など部品交換が必要な場合はそれぞれ別途で部品代金、工賃がかかります。アラジンストーブ以外の石油ストーブ(バーラー、パーフェクション、コロナ、ニッセンなど)は料金が異なりますのでお問い合わせください。


一般的なアラジンストーブの整備例は→その1 その2 その3


また、九州県外からお問い合わせいただくことがありますが、まずはお近くで石油ストーブの修理が出来るお店がないか調べてください。または最寄りの家電量販店に尋ねてみてください。アラジンや国産メーカーの場合はメーカー修理で受けてくれるところもあります。また往復の送料をお客様がご負担していただければ、郵送でのお見積もり、修理および整備も承っております。お電話にてご相談くださいませ。
page top
Copyright © 「古道具のささや」. all rights reserved. ページの先頭へ